デリケートゾーンの痒みの原因を理解する

LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket

まずデリケートゾーンの痒みの原因について説明したいと思います。
デリケートゾーンの痒みの原因は雑菌です。
デリケートゾーンは尿、垢、汗、経血などを栄養分に雑菌が繁殖しやすい状況なのです。
特に夏に生理になった時に、時間がなくてナフキンを小まめに変える事が出来なかったりすると、雑菌が繁殖に痒くなるケースがあります。

デリケートゾーンが痒くなっても、かくわけにもいかずに困りますよね。
石鹸で強く洗えば、擦りすぎてヒリヒリとしてしまうだけで、症状が改善しません。
ではデリケートゾーンが痒くなってしまった時に、どのような対処法があるのでしょうか?

デリケートゾーンの痒みにはフェミニーナ軟膏を使用しましょう。
フェミニーナ軟膏はデリケートゾーンの痒み専用のクリームです。
リドカインという成分が配合されていて、痒みや炎症を鎮めてくれます。
同時に殺菌成分も配合されているので、雑菌の発生を抑えてくれます。

同じ肌に塗る痒み止め薬だからと間違っても、ムヒを使用してはいけません。
刺激が強すぎて、痛みが発生してしまうでしょう。
対してフェミニーナ軟膏は、デリケートゾーンに使用する事を前提に作られたクリームなので、低刺激で肌に優しいので安心して使用する事が出来ます。

デリケートゾーンの痒みにはフェミニーナ軟膏

デリケートゾーンの痒みにはフェミニーナ軟膏が一番知名度が高いのではないでしょうか?
というのも、他にも同じ効果がある薬は存在するのですが、思わずフェミニーナ軟膏を購入してしまうという人が多いのです。

条件が重なった場合

デリケートゾーンが痒いという場合、なんとなく人に知られたくないと感じる人が多いでしょう。
蚊にさされたり、アレルギーで蕁麻疹が出て痒いというのと、意味合いが少し違いますよね。
場所が場所だけに、なんとなく、デリケートゾーンが痒い事が恥ずかしいですし、不潔だと思われたくないわけです。
もちろん、デリケートゾーンが痒くなるのは、不潔にしているからではありません。
毎日お風呂で洗っていても、痒みを伴う場合はあります。

例えば1つ1つなら大丈夫なのに、原因が重なってしまった時は危険です。
夏で気温が熱く汗をかきやすい環境で、生理中で、夏バテで免疫力が低下していた。
これらの原因が重なった事で、雑菌が繁殖しデリケートゾーンが痒くなってしまうというわけです。

フェミニーナ軟膏が支持される理由

そしてなぜフェミニーナ軟膏が支持されるのかというと、もちろん効果があるからですが、それだけではありません。
知名度が高く、それしか知らないからです。
例えば薬局にデリケートゾーンの痒みに効果がある薬を買いに行った時、あまりその薬が陳列されている棚で立ち止まりたくありません。
購入するのを知り合いに見られたら恥ずかしいからです。
またレジカウンターで薬剤師の人に、デリケートゾーンが痒いんですが・・・・と相談するのも恥ずかしいですよね。
そのため唯一知っているフェミニーナ軟膏を売り場で見つけて、さっさと購入して、さっさと売り場から去りたい。
そう思っているからこそ、デリケートゾーンの痒みに効果がある薬はフェミニーナ軟膏だけしか知られていないのです。

LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket