デリケートゾーンの正しい洗い方や順番など

LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket

デリケートゾーンの洗う順番

まずデリケートゾーンは、石鹸を泡立てた手で、優しく擦るようにあらっていきましょう。
洗う順番は前から順に、陰毛、陰核、性器部分、会陰部分、肛門の順で洗います。
この時、汚れをしっかり落とそうと強く擦ってはだめです。
デリケートな場所なのでそっと擦るようにして下さい。

また洗った後は、すすぎ残しがないよういん、シャワーでしっかりすすぎましょう。
この時シャワーの水圧が強すぎると、ダメージを与えてしまいますから、すすぎ時も優しく丁寧にを心がけて下さい。

専用の石鹸を利用する

デリケートゾーンを丁寧に洗っているつもりでも、臭いや痒みが気になるという場合、洗っている石鹸の刺激が強すぎるのかもしれません。
他の肌では大丈夫でも、デリケートゾーンにはボディソープでは刺激が強すぎる可能性があります。
その場合は、デリケートゾーン専用の石鹸を使用するようにしましょう。

生理中のデリケートゾーンの洗い方

また注意して欲しいのは生理中のデリケートゾーンの洗い方です。
多くの人が経血で通常よりも汚れてしまったり、ナフキンでムレて痒くなる事から、念入りに洗おうと思うかもしれません。
しかし生理中はいつも以上にデリケートな状態なので、普段よりも優しく洗う必要があります。

入念にゴシゴシ洗おうとする行為は逆効果になってしまうので注意して下さい。

例えば洗顔方法やシャンプーの洗い方について特集されている女性誌は多くあります。
洗顔方法1つで、そしてシャンプーの洗い方1つで、肌が綺麗に、そして髪が綺麗になるのです。
逆に言えば、洗い方を間違っていたら、悪影響が出るというわけです。
しかし顔よりも、髪よりももっと洗いにくい場所があります。それはデリケートゾーンです。

デリケートゾーンは洗いにくい

デリケートゾーンの洗い方について特集される事は滅多にありませんし、友達との会話に登る事もありません。
子供の頃にお風呂で身体の洗い方を教えてもらって1人でお風呂に入るようになるのが一般的な流れです。
しかしデリケートゾーンの洗い方を親からどう教えてもらったのかなんてもう記憶にないですよね。

適当でいいんじゃないの?と思う人もいるかもしれません。
ですがデリケートゾーンはその言葉どおり非常にデリケートな場所です。
まず尿による汚れや、おりものによる汚れ、汗線が多いため汗の汚れもあります。
アンダーヘアがあるのと、デリケートゾーンの身体の器官もとても複雑な形で、細かいところまで汚れをしっかり落とそうと思ったら落としにくいというわけです。
つまり正しい洗い方をよく知らないし、汚れやすく洗いにくいため、いろいろトラブルが発生しやすいのです。

正しく洗えていなかったら?

デリケートゾーンの臭いが気になるという人や、ムレて痒みがあるという人もいるでしょう。
これらの原因は、デリケートゾーンが正しく洗えていない事が問題で発生していると考えられます。
しかし、だからといって他の人はどう洗っているのか、確かめる機会もありません。
でも自己流ではいけないという事が分かりますよね。
最近はネットでいろんな情報を人目を気にせずに調べる事が可能です。
デリケートゾーンに関しては、トラブルや悩み等も多く、調べればキチンと正しい洗い方の情報にたどり着くでしょう。

LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket